こんな大人になりたい

0

     

    今日はただのひとりごとです!!

     

    +++

     

    私は子供の時、ものすごい人見知りだった。

     

    よその大人の人には、挨拶もできないし、先生もこわかった。

     

    別に怒られたりするわけじゃないけれど、ただただ強い存在としてこわかった。

     

    一人だけ、こわくない人が『新聞のおっちゃん』だった。

     

    おっちゃんとはいえ25〜30歳くらいのお兄さんで、単車で新聞配達をしている人。

     

    新聞のおっちゃんは、子供達に大人気だった。

     

    いつもニコニコで、夕刊を配りながら「おかえりー!」って必ず挨拶をしてくれた。

     

    夏にはカブトムシやクワガタを採ってきたのを見せてくれた。(<<ただし自分用なので見せてくれるだけ!!)

     

    でも、欲しがっている子には採ってきてくれたりもした。

     

    大人なのに楽しそうだなって思った記憶。

     

     

    そのあとは、どんどん『大人って窮屈だな……』と思った記憶しかない。

     

    生きるために、やりたくもないことを、やっている人たち。

     

    でも、時々『大人のくせに楽しそうな人たち・好きなことが仕事の人たち』が、あらわれる。

     

    『そういう人は、ほんの一握りで非常識な人たちだ。』と、周りの多くの大人が言った。

     

    同級生の多くは「夢は公務員です」だった。

     

    私の母も『好きなことは仕事にできない、しないほうが幸せだ』っていう考えの人だったので、私も無意識にそう考えながら進路を考えた。

     

    母と同じ職業の看護師。

     

    「好きなことは看護師になってからいくらでもやったらいいじゃない」と母が言った。

     

     

    看護学校も実習もつらかったし、煉獄をさまようような日々。

     

    地獄の一丁目を抜けたと思ったら、現場は本物の地獄。

     

    私にとっては、百鬼夜行と歴戦の武者の中で生き残るような毎日で「しんどい」と言っていつも家では泣いていた。

     

    楽しいはずのことも楽しくなくて、常に「あそこへ戻らなくちゃいけない」と仕事のことを考えて憂鬱だった。

     

    好きなこともできない、いつまで看護師をやっていれば終わりが来るのか。

     

    学校なら卒業があるけれど、職業の終わり…65歳までこれを続けるのかと思うと、死にたくなった。

     

    22歳頃にはキッチンドランカーになっていたし、睡眠薬をアルコールで流し込んで寝るのが通常だった。

     

    それでも母の期待に応えたいのと周囲へのプライドで、10年のうちに職場を変えながらも、看護職は続けた。

     

    『あたし看護師だから頑張れるの、あたし看護師だから優しくなれるの、あたし看護師だから幸せなの』そう言い聞かせて我慢し続けて、心が壊れていった。

     

    なんどか、心療内科にもお世話になった。

     

    でも、嬉しいこともあったし、素敵なこともあったし、注射も採血もベテランさんから頼りにされるほど上手くなった。

     

    もうずっとここで働いていたい!と思う職場もあった。

     

    それでも、ふっと燃え尽きてしまって、なんのために生きているのかわからなくなる瞬間がおとずれた。

     

    10年頑張ったから、そろそろ好きなことに本気になってもいいか。

     

    イラストの道は険しいかもしれないけれど、看護師として現場にいるよりは、私らしい気がする。

     

    そして、いまここにいるのが『 はやし  ろみ 』。

     

     

    子供たちには、『大人になるのがつまらないことだ』と決めつけて過ごして欲しくない。

     

    『大人って、税金とか育児とか家事とか大変そうだけど、基本的に好きなことやってていいよな』って思われたい。

     

    自分の人生を、呪いながら生きるのはお勧めできる道ではない。

     

    生き生きとしながら、素直な気持ちで希望のある大人になりたいです。

     

    今後、どうなるかわからないけれど…自分らしくなるのが、これからの目標。

     

     

     

     

    ART HOUSE企画「2018しりとりアート駅伝」

    2018.2/1(木)〜2/12(月)

    (火・水)はお休み 11時〜19時半

     

    毎年恒例になったしりとりアート駅伝!
    お題を出して次の方を指名。
    指名された方は、お題をどう表現するかチャレンジしていただいています。
    今年はなるべくお題に擬音語、擬態語を入れて楽しみます。
    平面、立体、映像などの形態、大きさは問わず。

     

    ART HOUSE

    SHOP DATA
    〒550-0014
    大阪市西区北堀江
    1-12-16
    TEL&FAX
    06-4390-5151
    OPEN:11:00-19:30
    定休日:火・水曜日
    MAP

     

    JUGEMテーマ:絵・イラスト・挿絵

    JUGEMテーマ:育児

     

     

    パレット  挿絵のイラストについて
     
    『ゆめみる まんまる おめめたち』で使用しているイラストは、
    イラスト取扱いサイトPIXTA(ピクスタ)さまで一部委託販売中です♪


    はやし ろみ のイラスト

    PIXTA様への会員登録はこちらからできます。
    写真素材のピクスタ
    WEB、ブログ、パンフレット、プリントなどでお使いになりたい方は
    どうぞ ご利用くださいませ!!

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    HPはこちらです♪

    はやしろみWebページ LINEスタンプ 『えほんのこども』

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM